放課後キッズクラブ指導員研修会

   学校現場からお伝えします! 『特別支援の子への対応』

おかげさまで盛会にて終了いたしました。

ありがとうございました。

アイスブレイキング「じゃんけんゲーム」
アイスブレイキング「じゃんけんゲーム」
ここをおさえたい!放課後キッズクラブの運営
ここをおさえたい!放課後キッズクラブの運営

1、日時 8月2日(金)10時~12時
     スタッフ集合 9時半

2、場所 青少年育成センター地下2F研修室

3、参加者 放課後キッズクラブ指導員 20名
      横浜ユース 3名
      TOSS横浜  6名

4、主催 (公財)よこはまユース


5、共催 TOSS横浜

6、プロット 
10:00〜10:10
第1講座 「大人も子どもも笑顔に!アイスブレーキング」

10:10〜10:25
第2講座「ここをおさえたい!放課後キッズクラブの運営」
 小学校の学級経営との共通点、相違点をふまえながら、放課後キッズクラブの運営にあたっておさえたいポイントを提案します。

10:25〜10:45
第3講座「特別支援対応の悩みにお答えします!」
・落ち着きがない子、集中力のない子への対応

・感情の起伏が激しい子への対応(中濱)

・特別支援級の児童とその周りの子への対応

・トラブルの現場を目撃できなかった場合の対応(森本)
♪♪♪休憩10分♪♪♪

10:55〜11:25
第4講座「あとに引かない!けんかの仲裁のコツ」
 トラブルが絶えない子も納得、いつもがまんしている周りの子も納得のけんか仲裁のコツをお伝えします。

♪♪♪休憩10分♪♪♪

11:25〜11:50
第5講座 Q&A講座
 子ども対応の悩み、指導の方法など、小学校教師の視点からお答えします。

代表あいさつ

7、アンケート感想

○  具体的に教えていただき、勉強になります。
補助指導員にも伝えて行きたいと思います。
いろいろな課題がありますが、保護者と学校、地域の連携が必要だと考えています。
特に、学校でも「課題をかかえている児童(ボーダー、問題行動、虐待疑いなど)がキッズに来ている場合は、情報共有をしていきたいのですが、守秘義務などがあり、無理なのでしょうか。(2年目 女性)

○いろいろと初心を思い出しました。また明日から頑張ろうと思います。第4講座が特に心に残りました。(3年目 女性)

○教員の方からの視点でご意見をいただけて大変参考になりました。
 質問にも丁寧に答えていただき、とてもありがたいです
 子どもと関わる事の難しさ、深さを改めて感じることができました。
 ほめることは意識して取り組んででいますが、叱ることも多いので、考えながら取り組んで行きたいです。(6年 男性)

○  目からウロコでした。サラリーマンのハウツー本で「褒めることがカギ」とあったので、子ども、大人関係なく褒める事は大事だと思いました。(3年 男性)

○  放課後キッズクラブに入社してから、学校と放課後事業の違いに関してよく考えていたが、今日は共通点について学ぶ事ができて横買ったです。
「あとに引かない!けんか仲裁のコツ」の講座の動画に関しては、子どもの立場で感挙げると、公開しない方が良いと個人的に考えました。
 大変勉強になりました。ありがとうございました。(1年目 女性)

○  一年生にはお話して下さったことは出来ますが、3年生の男子には通用しにくいかもしれません。家庭事情もあり、保護者様と話が出来れば良いのですが、ほとんど関心をもってもらえないのが淋しいですね。
 ありがとうございました。楽しく聞く事ができました。(6年目 女性)

○  改めてそうだったと思い起こすことも多く、勉強になりました。
実際に現場で起こっていることをみなさんがどう考え話し合いながら、対応していっているのかその場に居てみたくなりました。(6年目 女性)

○  少々話のペースは速かったが、内容は興味深い、使えそうな物が多かった。特に「ほめる」には注意していきたいと思います。(1年目 男性)

○  実際に先生方の対処法が聞けてよかったです。ほめるということを大切にして今後とも子どもたちに関わっていきたいです。(3年目 男性)

○  ほめる時の声のかけ方が印象的でした。「すごいね」だけでなく「○○してえらいね」など、その子がしたことを言ってほめるようにしたいです。(1年目 女性)

○  現場を目撃できなかった子ども同士の小競り合いなどがよくあります。
子どもの話を聞いて、追求してしまったりすることもあったのですが、森本先生の話は、これからの対応の仕方を変えることができそうです。
障害を抱えるとその周りのの子に関わるバランスも大切だと思うのですが、注意をするうえで「ほめる」要素を加えて行くことで、子どもたちみんなへの影響も良くなるだろうなと感じました。
これを自分だけが実践するのでなく、スタッフ全員が理解し、取り組んでいくことが大切だと思います。今日はありがとうございました。(2年目 女性)


○  個別支援級の子が何人かいるので、対応について勉強になりました。
個別支援級以外にも使えるものもたくさんあったので、試していきたいと思います。(1年目 女性)

○子ども対応、具体的でとても参考になりました。
 キッズクラブというものをよりよくすればするほど、保護者はいいように利用して、家庭での対応がわるくなっているという現状で悩んでいました。目のにいる子ども一人一人を楽しませてあげようという気持ち、そのために使えるテクニック、まだまだ自分にも出来ることはあるな、と改めて感じました。
 子どもたちのために、がんばっていこうと思います。ありがとうございました。(5年目 女性)

○  自分が全然知らないことが多く、一つ一つが勉強になりました。ありがとうございました。特に、けんかした際の対処や視覚化することの大切さなど、積極的に活用ささえていただきたいと思いました。(2年目 男性)

○  Qをとりあげていただき(上履きかくし)、とても参考になりました。段ボールは子など、新しく得られた考えもあれば、「やはり合っていた」と自信を持ったこともあり、その他のことも再確認できたことがいっぱいあり、今日もキッズに戻ったらがんばろう!と思えるパワーになりました。(7年目 女性)

○  知的障害などの診断は受けていないが他の子との関わり、コミュニケーションが難しい子が実際にいるため、とても勉強になりました。日常でけんかをした際、他二の子に手を出してしまうことが多々あり、困っていました。
   しかし、その児童にあった対応をし、叱る事よりも児童を促すことがキッズ、教師の役割、つとめなのだと感じさせられました。(1年目 女性)

○  具体的な事例について、うかがえて勉強になりました。
現場で培う技術はとても必要と思いました。実践できることは今日からでも取り入れてみたいです。指導法など頭にしっかり入れ、スムーズに現場で行かせるように学び続けなければならないと思いました。(1年目 女性)



8、今後、期待する講座

○  発達障害の子と周りの子と同じ時を過ごす中での過ごし方など
○  室内で手軽にできる遊び
○  QAをまたお願いします

TOSS横浜HPはこちらから
TOSS横浜HPはこちらから
はまキッズわくわく講座HP
はまキッズわくわく講座HP